ISO旋削チップの摩耗と対策

ISO旋削加工


チップ損傷形態
    •  
      逃げ面摩耗
      逃げ面摩耗
      原因
      • 切削速度が高すぎる
      • 耐摩耗性の低いチップ材質の使用

      対策
      • 耐摩耗性の高い材質の使用
      • 切削速度を下げる
      • クーラント圧を高くし、方向確認する
      • 高硬度材質の場合、進入角を小さくする
      • 耐熱材料加工時は切削速度を下げる
    •  
      クレーター摩耗
      クレーター摩耗
      原因
      • チップ上部への切削熱/圧の超過

      対策
      • 切削速度を下げる
      • すくい角が大きい刃先形状の使用
      • 耐摩耗性の高い材質の使用
      • 送りを下げる
      • クーラント圧を高くし、方向確認する
    •  
      塑性変形
      塑性変形
      原因
      • 切削域の温度が高すぎる

      対策
      • 耐摩耗性の高い材質の使用
      • 送りを下げる
      • 切削速度を下げる
      • 切込み量を下げる
      • クーラント圧を高くする
    •  
      境界摩耗
      境界摩耗
      原因
      • 表面硬度の高いワーク加工では切込み境界部分が
        チッピングする原因となる

      対策
      • 切込み量を変える
      • コーナーRを小さくする
      • クーラント圧を高くする
      • 耐摩耗性の高い材質の使用
      • 高硬度材質の場合、進入角を小さくする
      • 耐熱材料加工時は切削速度を下げる
    •  
      サーマルクラック
      サーマルクラック
      原因
      • 表面温度の超過、断続加工、不適切なクーラント供給

      対策
      • 切削速度を下げる
      • 送りを下げる
      • 高靱性チップ材質の使用
      • 断続加工時はクーラント供給を止める
      • 安定した刃先形状の使用
      • 高靱性チップ材質の使用
      • 可能な限りクーラント供給を止める
    •  
      欠損
      欠損
      原因
      • チップ装着前の摩耗超過
      • チップ材質・形状が加工に対して弱すぎる・不適切
      • チップへの過負荷
      • 構成刃先の発生

      対策
      • 高靱性チップ材質の使用
      • 切削速度を下げる
      • 刃先の強いチップの使用
      • ビビりが発生した時は工具の安定性を確認する
      • 送りを下げる
      • 断続加工時はクーラント供給を止める
      • 可能であればコーナーRを大きくする
      • 送り/切込み量を下げる
      • 強度が高い、もしくは厚みのある靱性の高いチップ材質の使用
    • ×
      構成刃先
      構成刃先
      原因
      • 切削域の温度が低すぎる
      • ネガティブ切刃形状
      • 低炭素鋼・ステンレス鋼・アルミなど軟鋼の加工

      対策
      • 切削速度を上げる
      • シャープ切刃の使用
      • 表面平滑化された工具の使用
      • クーラント圧を高くする
    • ×
      チップハンマリング
      チップハンマリング
      原因
      • 切屑によるチップの欠損

      対策
      • 刃先強度が高い、異なるチップブレーカーの使用
      • 送り/切削速度を変える
    • ×
      チッピング
      チッピング
      原因
      • 刃先形状が脆すぎるか、構成刃先の形成

      対策
      • 高靱性チップ材質の使用
      • 送りを下げる
      • 刃先強度の高いチップブレーカーの使用
      • クランプ強度を確認する
      • 切削速度を上げる
      • 加工始めの送りを下げる
      • セットアップを安定させる
利用規約及び販売条件(英語)    プライバシーポリシー
© ISCAR JAPAN LTD., Metalworking Tools (iscar.co.jp) All Rights Reserved.