穴あけ工具の摩耗と対策

超硬ドリル
ヘッド交換式
穴あけ工具
チップ交換式
穴あけ工具


チップ損傷形態
    • ×
      逃げ面摩耗
      逃げ面摩耗
      原因
      • 切削速度が高すぎる
      • 耐摩耗性の低い材質の使用

      対策
      • 最適な刃先形状の使用
      • クーラント圧を上げる
      • 耐摩耗性の高い材質の使用
      • クーラント濃度を上げる
      • 切削速度を下げ、送りを上げる
    • ×
      クレーター摩耗
      クレーター摩耗
      原因
      • 刃先への切削熱/圧の超過

      対策
      • 送りを下げる
      • 最適な刃先形状の使用
    • ×
      塑性変形
      塑性変形
      原因
      • 切削域の温度が高すぎる

      対策
      • 切削条件を確認する
      • 送りを下げる
      • クーラント圧/流量を上げる
      • 耐摩耗性の高い材質の使用
      • 最適な刃先形状の使用
    • ×
      サーマルクラック
      サーマルクラック
      原因
      • 表面温度の超過、断続加工、不適切なクーラント供給

      対策
      • クーラント圧/流量を上げる
      • クーラント濃度を上げる
    • ×
      肩部の欠損
      肩部の欠損
      原因
      • ドリルの材質・形状が加工に対して弱すぎる・不適切
      • ドリルへの過負荷
      • 構成刃先の発生

      対策
      • 径方向の振れを確認
      • 送りを下げ、切削速度を上げる
      • チャック部分の確認
      • ポケット部のクランプが弱い場合は
        ツールホルダーを交換
      • クーラント圧を上げる
      • 外部クーラント使用の場合は、
        クーラント供給の向きを調整
    • ×
      構成刃先
      構成刃先
      原因
      • 切削域の温度が低すぎる
      • 強度の高い刃先形状のドリルの使用
      • 低炭素鋼、ステンレス鋼、アルミなど
        粘着性の高い被削材の加工

      対策
      • 送りを上げる
      • 切削速度を上げる
      • クーラント圧を上げる
      • クーラントの流量を確認
    • ×
      チッピング(刃先)
      チッピング(刃先)
      原因
      • 耐摩耗性の低いチップ材質の使用
      • 構成刃先の発生
      • クーラント供給が不十分

      対策
      • 送りを下げる
      • 切削速度を上げる
      • クーラント圧を上げる
      • 外部クーラント使用の場合は、
        クーラント供給の向きを調整
      • 最適な刃先形状に変更
      • チャック部分の確認
    • ×
      チッピング(チゼル)
      チッピング(チゼル)
      原因
      • チゼルの振れが大きい
      • 高い送りと遅い切削速度の組合せ

      対策
      • 送りを下げ、切削速度を上げる
      • 芯ズレの確認(0.02mmを超えないように)
      • チャック部分の確認
      • ポケット部のクランプが弱い場合は
        ツールホルダーを交換
    • ×
      チッピング(肩部)
      チッピング(肩部)
      原因
      • 径方向の振れを確認
      • クーラント供給が不十分

      対策
      • 径方向の振れを確認
      • 送りを下げ、切削速度を上げる
      • チャック部分の確認
      • クランプが弱い場合はツールホルダーを交換
      • クーラント圧を高くする
      • 外部クーラント使用の場合は、
        クーラント供給の向きを調整
    • ×
      ランド部の摩耗
      ランド部の摩耗
      原因
      • 切削速度が高すぎる
      • 耐摩耗性の低い材質の使用
      • 径方向の振れが大きすぎる

      対策
      • 最適な刃先形状のドリルの使用
      • 振れの確認(0.02mmを超えないように)
      • 切削速度を下げる
      • クーラント圧を高くする
      • 外部クーラント使用の場合は、
        クーラント供給の向きを調整
      • チャック部分の確認
      • ポケット部のクランプが弱い場合は
        ツールホルダーを交換
    • ×
      逃げ面摩耗
      逃げ面摩耗
      原因
      • 切削速度が高すぎる
      • 耐摩耗性の低い材質の使用

      対策
      • 最適な刃先形状のドリルの使用
      • クーラント圧を高くする
      • 耐摩耗性の高い材質の使用
      • クーラント濃度を上げる
      • 切削速度を下げ、送りを上げる
    • ×
      クレーター摩耗
      クレーター摩耗
      原因
      • 刃先への切削熱/圧の超過

      対策

      • 送りを下げる
      • 最適な刃先形状のドリルの使用
    • ×
      塑性変形
      塑性変形
      原因
      • 切削域の温度が高すぎる

      対策
      • 切削条件を確認する
      • 送りを下げる
      • クーラント圧/流量を上げる
      • 耐摩耗性の高い材質の使用
      • 最適な刃先形状のドリルの使用
    • ×
      サーマルクラック
      サーマルクラック
      原因
      • 表面温度の超過、断続加工、不適切なクーラント供給

      対策
      • クーラント圧/流量を上げる
      • クーラント濃度を上げる
    • ×
      肩部の欠損
      肩部の欠損
      原因
      • ヘッド交換までの摩耗量が大きすぎる
      • ヘッドの材質・形状が加工に対して弱すぎる・不適切
      • ドリルへの過負荷
      • 構成刃先の発生

      対策
      • 径方向の振れを確認
      • 送りを下げ、切削速度を上げる
      • チャック部分の確認
      • ポケット部のクランプが弱い場合はホルダーを交換
      • クーラント圧を高くする
      • 外部クーラント使用の場合は、
        クーラント供給の向きを調整
    • ×
      構成刃先
      構成刃先
      原因
      • 切削域の温度が低すぎる
      • 強度の高い刃先形状のドリルの使用
      • 低炭素鋼、ステンレス鋼、アルミなど
        粘着性の高い被削材の加工

      対策
      • 送りを上げる
      • 切削速度を上げる
      • クーラント圧を高くする
      • クーラントの流量を確認
    • ×
      チッピング(刃先)
      チッピング(刃先)
      原因
      • 耐摩耗性の低い材質の使用
      • 構成刃先の発生
      • クーラント供給が不十分

      対策
      • 送りを下げる
      • 切削速度を上げる
      • クーラント圧を高くする
      • 外部クーラント使用の場合は、
        クーラント供給の向きを調整
      • 最適な刃先形状に変更
      • チャック、ヘッドのクランプ部分の確認
    • ×
      チッピング(チゼル)
      チッピング(チゼル)
      原因
      • チゼルの振れが大きい
      • 高い送りと遅い切削速度の組合せ

      対策
      • 送りを下げ、切削速度を上げる
      • 芯ズレの確認(0.02mmを超えないように)
      • チャック部分の確認
      • ポケット部のクランプが弱い場合はホルダーを交換
    • ×
      ランド部の摩耗
      ランド部の摩耗
      原因
      • 切削速度が高すぎる
      • 耐摩耗性の低い材質の使用
      • 径方向の振れが大きすぎる

      対策
      • 最適な刃先形状のドリルの使用
      • 振れの確認(0.02mmを超えないように)
      • 切削速度を下げる
      • クーラント圧を高くする
      • 外部クーラント使用の場合は、
        クーラント供給の向きを調整
      • チャック部分の確認
      • ポケット部のクランプが弱い場合はホルダーを交換
    • ×
      チッピング(肩部)
      チッピング(肩部)
      原因
      • 径方向の振れが大きすぎる
      • クーラント供給が不十分

      対策
      • 径方向の振れを確認
      • 送りを下げ、切削速度を上げる
      • チャック部分の確認
      • ポケット部のクランプが弱い場合はホルダーを交換
      • クーラント圧を高くする
      • 外部クーラント使用の場合は、
        クーラント供給の向きを調整
    • ×
      逃げ面摩耗
      逃げ面摩耗
      原因
      • 切削速度が高すぎる
      • 耐摩耗性の低いチップ材質の使用

      対策
      • 切削速度を下げる
      • クーラント圧/流量を上げる
      • 耐摩耗性の高いチップ材質の使用
      • クーラント濃度を上げる
    • ×
      クレーター摩耗
      クレーター摩耗
      原因
      • 刃先への切削熱/圧の超過

      対策
      外刃:
      • 切削速度を下げる
      • 耐摩耗性の高いチップ材質の使用
      • 刃先強度の高いチップブレーカーの使用

      内刃:
      • 送りを下げる
      • 刃先強度の高いチップブレーカーの使用
    • ×
      塑性変形
      塑性変形
      原因
      • 切削域の温度が高すぎる

      対策
      • 送りを下げる
      • 耐摩耗性の高いチップ材質の使用
      • クーラント圧/流量を上げる
      • 刃先強度の高いチップブレーカーの使用
    • ×
      サーマルクラック
      サーマルクラック
      原因
      • 表面温度の超過、断続加工、不適切なクーラント供給

      対策
      • 耐摩耗性の高いチップ材質の使用
      • クーラント圧/流量を上げる
    • ×
      欠損
      欠損
      原因
      • チップ交換までの摩耗量が大きすぎる
      • チップ材質・形状が加工に対して弱すぎる・不適切
      • 過負荷
      • 構成刃先の発生

      対策
      • 耐摩耗性の高いチップ材質の使用
      • 送りを下げる
      • クーラント圧/流量を上げる
      • 刃先強度の高いチップブレーカーの使用
    • ×
      構成刃先
      構成刃先
      原因
      • 切削域の温度が低すぎる
      • 強度の高い刃先形状のチップの使用
      • 低炭素鋼、ステンレス鋼、アルミなどの
        粘着性の高い被削材の加工

      対策
      • 切削速度を上げる
      • 刃先強度の高いチップブレーカーの使用
      • 送りを下げる
      • クーラント圧/流量を上げる
    • ×
      チッピング
      チッピング
      原因
      • 耐摩耗性の低いチップ材質の使用
      • 構成刃先の発生
      • クーラント供給が不十分

      対策
      • 耐摩耗性の高いチップ材質の使用
      • 送りを下げる
      • クーラント圧/流量を上げる
      • 刃先強度の高いチップブレーカーの使用
利用規約及び販売条件(英語)    プライバシーポリシー
© ISCAR JAPAN LTD., Metalworking Tools (iscar.co.jp) All Rights Reserved.