被削材情報

ISO

K

被削材 - ねずみ鋳鉄


ねずみ鋳鉄は、グラファイト微細構造をもつ鋳鉄です。グラファイトにより灰色なので、”ねずみ”鋳鉄と呼ばれます。 ねずみ鋳鉄は内燃機関のシリンダーブロックやポンプハウジング、バルブボディなど、引張強度がそれ程重要視されない部品に用いられます。 また、ねずみ鋳鉄の高い熱伝導率と熱容量により、ディスクブレーキローターにも使用されます。

メリット・デメリット
ねずみ鋳鉄は比較的低コスト且つ優れた機械加工性により、一般的な合金材料です。グラファイトが切屑を処理し滑らかな加工を実現します。グラファイトの自己潤滑性により、耐摩耗性にも優れます。また、グラファイトのエネルギー吸収特性により、ねずみ鋳鉄は優れた制動性を実現します。ねずみ鋳鉄の主成分の一つであるケイ素は、耐食性を増進します。 新しい鉄合金素材と比べると、ねずみ鋳鉄は引張強度/延性が低く、衝撃に弱いという弱点があります。
利用規約及び販売条件(英語)    プライバシーポリシー
© ISCAR JAPAN LTD., Metalworking Tools (iscar.co.jp) All Rights Reserved.