被削材情報

ISO

S

被削材 - チタン・チタン合金


高い重量比強度と優れた耐食性をもつチタン合金部品は、先進の航空宇宙産業での利用に適しています。チタン合金(Ti : 86-99.5%, Al : 5-8%)は、
航空宇宙の過酷な環境においても優れた特性を発揮します。今日では、商業用途や軍事用途でも使用されるようになっています。
航空機分野では主に、ランディングギア及びランディングギア機構構成部品/翼構造構成部品/垂直尾翼構成部品/エンジン/フロアビーム/シートトラックに
チタン合金が使用されています。特に圧縮機内のジェットエンジンは、重量の約25-30%をチタン合金が占めています。ファンブレード/コンプレッサー
ブレード/ローター/ディスク/ハブ/インレットガイドベーンなどの様なチタン合金部品の連携により、高効率なエンジン稼働が実現します。
アルミ合金や鋼に比べるとコストが高いにも関わらず、チタンの需要は今後数年間で少なくとも40-50%増加すると予測されています。
チタンの優れた特性と軽量性は、より過酷な環境条件に耐えうる航空機の開発・生産を支えています。

チタンは、加工が困難な材料として知られています。加工熱が発生しやすく熱伝導が低い為、工具変形や摩耗を引き起こします。
チタンは高温下でも強度を維持しますが、一方で切削工具刃先の塑性変形性が問題となります。チタンの化学反応により、切屑が工具刃先に融着し、
構成刃先・工具破損等の問題が生じます。 イスカルは過去数年にわたりチタン合金加工分野の研究開発に多額の投資をして参りました。
高性能且つ独創的なイスカル工具がその分野で広く活躍しています。

また、標準圧力クーラントシステムに加え、特に航空宇宙産業でのニーズの高まりに伴い、イスカルは独創的な高圧クーラント対応工具を提供しています。
チタン合金を標準クーラント圧で加工する際の推奨切削速度は60-70m/minですが、高圧クーラントを使用すると切削速度が100-150%向上、高生産性を実現します。
利用規約及び販売条件(英語)    プライバシーポリシー
© ISCAR JAPAN LTD., Metalworking Tools (iscar.co.jp) All Rights Reserved.